ホームページ作成の98%はアイディア、イメージしてみよう

何をしたいかというアイディアによって、ホームページは作られる

ホームページを制作する理由は、なんらかの目的を達成するために他なりません。商品を販売する場所とすることもあれば、商品について多くの人に認識して貰う場所とすることもあります。どちらも似たような話に聞こえますが、大きな違いを持っています。
どうしてもホームページを作ろうとすると、特に少しでもホームページ制作に関する技術がある人の場合、どういった技術を用いて作るかということに意識を向けがちです。しかし、最も大事なことは実現性ではなく、ホームページを用いて達成すべき目標なのです。
このため、例えば商品を紹介したいと思うのであれば、長文での説明ばかりにするよりも、動画やミニゲームを用いるなど、類似商品にはないようなインパクトを与えることも大切です。最初から制限することなく、どんどんイメージを膨らませていきましょう。

イメージを形に起こしていくこと

イメージを膨らませ、アイディアを出し切ったところで、全てを採用することは限りなく難しいでしょう。また、全部の要素を詰め込んでしまうと、詰め込みすぎたために反対によく分からない仕上がりになってしまう可能性がありますので、必要に応じて削ぎ落としていくことが必要です。
例えば、多数の大きな画像を利用するというアイディアと、商品を説明する動画を沢山作るというアイディアの場合、なかなか両立させることは難しいものです。容量が重たくなりすぎる、色数が多すぎて見づらくなるなどの問題が多く、特に小さなデバイスには適さない可能性が高いです。しかし、これらを両立させることは難しくとも、並立させてしまうことができます。通常は画像をメインとしたページを運営し、特設あるいはキャンペーンと銘打って、定期的に動画を別ページにて配信すれば一定期間のユーザーアクセスを見込めます。こういった「どうやって実現するか」という部分は、後で幾らでも調整できます。
つまり、ホームページはアイディアこそが大切なものですので、是非制作を開始した時点で、より多くのアイディアを練って見てください。その方が、より良い仕上がりへと繋がりますよ。